宮城オープンゴルフトーナメントのfacebookページはじめました
宮城オープンゴルフトーナメント2019開催決定!

当トーナメントを応援していただけるご協賛社募集中!

 宮城オープンゴルフトーナメントは、被災した地元プロを応援しながらアマチュアゴルファーも楽しめる大会を作ろうと集った有志たちと、それをあたたかくご支援・ご協力していただいている多くの方々によって、東日本大震災の翌年2012年から毎年開催している地元密着型のゴルフトーナメントです。

 今年で8年目を迎え、2016年より大会会長に菊田陶業株式会社代表取締役社長菊田浩之氏が就任。また、PGA東北プロゴルフ会(相澤敏弘会長)が主催となって万全の協力体制の下、賞金総額500万円、優勝賞金150万円、2日間・36ホールとさらにパワーアップして本年度も開催が決定いたしました。

 2019年度も「おらほのプロを応援しよう!」「被災した東北のジュニアゴルファーを応援しよう!」「被災した東北のゴルファーを元気にしよう!」をテーマに、東北のプロゴルファーとの親睦を深め、スキルアップはもちろん、楽しく思い出に残る3日間にしたいと考えております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

ご協賛のお申込み、お問合せは宮城オープンゴルフトーナメント事務局まで。
広告協賛のお願い ご協賛申込書
【宮城オープンゴルフトーナメント2019・大会概要】
大会名称宮城オープンゴルフトーナメント2019
開催日程2019年5月6日(月) プロアマチャリティー大会
2019年5月7日(火) トーナメント 第1ラウンド
2019年5月8日(水) トーナメント 第2ラウンド
開催コース杜の公園ゴルフクラブ(宮城県柴田郡川崎町)
主催PGA東北プロゴルフ会
後援東北ゴルフ連盟・宮城県ゴルフ連盟
大会会長菊田陶業株式会社 代表取締役社長 菊 田 浩 之
メインスポンサー菊田陶業株式会社
協力ニチニチ製薬株式会社東北支社
杜の公園ゴルフクラブ
運営宮城オープンゴルフトーナメント事務局
賞金賞金総額 5,000,000円 優勝賞金 1,500,000円
競技方法2日間・36ホールストロークプレー(60位タイカット)
2018年大会は史上初の女子プロチャンピオン誕生!

女子プロ初の栄冠に輝いた吉田プロ
通算3アンダーで吉田藍子プロが初優勝!

 「おらほのプロを応援しよう!」「被災した東北のジュニアゴルファーを応援しよう!」「被災した東北のゴルファーを元気にしよう!」をテーマに、ことしで7回目の開催となりました宮城オープンゴルフトーナメントは 5月6日(日)にプロアマチャリティ大会が、5月7日(月)に宮城オープンゴルフトーナメントが賑やかに開催されました。

 初日のプロアマチャリティ大会は早朝から穏やかな好天に恵まれ、プロ38名、アマチュア112名が参加しアマチュア3名とプロ1名で1グループとなってラウンド。普段なかなか見る機会がないプロのプレーを間近で見ることができるチャンスに多くの参加者が集い、楽しいひとときを送りました。プロの部では癘{晃一プロが初優勝を飾りました。

 第2日目に行われた宮城オープンゴルフトーナメントにはプロ、アマチュアを含む92名(欠場2名)が参加。前日より降雨の予想でプレーへの影響が心配されましたがプレー中は曇り。プレー終了後に雨と予想を裏切る天候にも恵まれました。競技は本トーナメント初開催となる泉国際ゴルフ倶楽部の高速グリーンに各選手とも苦戦を強いられスコアが伸び悩む中、女子プロ参加の吉田藍子プロが通算3アンダー・69の好スコアをマーク。そのまま逃げ切る形となり、大会史上初の女子プロチャンピオン誕生をなりました。ベストアマにはジュニア参加の荒井竜之進選手が輝きました。

 詳しい情報は「プレビュー」でご覧ください

トーナメントスタート風景
菊田会長から優勝杯を受ける吉田プロ
トーナメント表彰式会場風景
優勝の吉田プロとベストアマ荒井選手
プロアマチャリティ優勝の癘{プロ
プロアマチャリティ表彰式会場風景